世界の怖いバ身~

来週末には「お盆」ということで、納涼☆「世界の怖いバ身」をご紹介しましょう~!!ひゅ~ドロドロドロ~(効果音)

IMG_4059

私はホラー映画が大好きでよく観るのですが、登場人物の恐怖に震える顔や声が何よりも一番怖い気がしています・・・

IMG_4472

「100%怖がらせるのに成功する霊の登場方法」がこちらとなります。猫だから良いもののこれが人だとすればもう50m6秒台くらいのスピードで逃げること間違いなし。(ちなみにこれはサバ身ではなく実家猫のはなです)

IMG_4590

「あり得ないところにあり得ないものがいる」というのが恐怖を感じる一つのポイントかと思いますがこちらの写真は「猫が障子をかけ昇る」ことを知らない人が見たらめっちゃ怖いんじゃないでしょうか・・・(震)

IMG_3680

何なのか分からない物体の一部があり得ない場所にある・・・というのも恐怖を感じるポイントですよね・・・「この豊満なムチムチした肉付きの良いサバ柄の物体は何なの・・?」←震え声

6067

イヌネコには霊が見えていると言いますが、確かによく宙を見上げて威嚇したり何もないところに飛びかかっていったりしているように思います。霊が見えているのかそれともただ「やってみたかっただけ」なのか・・・はかりかねるところも猫の魅力と言えるのではないでしょうか。

IMG_1671

週刊!中猫~

お久しぶりの週刊シリーズ!今回は中猫です。中猫といえば・・        20151213 1706 この腹丸出しの幽霊ポーズ寝!!その無防備な白い腹が冷えるのを心配してサバトラちゃんも思わず乗っかってしまうほどです。

7210

パーフェクトな幽霊寝。「うらめしくないけどうらめしや~」という声が聞こえてきそうではありませんか・・・

0310 037

こちらはまるで宗教画のような美しい寝姿。名付けて「ビーナス誕生寝」。太ましい腹がエロティシズムを感じさせる芸術作品でございます。

IMG_7245

とにかくご主人LOVEな中猫。ご主人が座り込むと何処からともなく現れて腹を見せつけてきます。そして中猫の腹はなぜだかいつもフローラルな良い匂いがしていつまでも嗅いでいたい気持ちにさせてくれます。なんでいい匂いがするかは分からないんだけど・・(困惑)

IMG_4702

こちらは本日の朝の枕元。中猫は私の背中にぴったりと張り付いて寝ていらっしゃいます。おかげで背中に火が着いてパニックになる夢を見たりします(暑いから)想像してみよう・・38度近い毛玉がビッタリと背中に張り付いて離れない様を・・・地獄やぞ・・しかも足元はテンテンとむっさんという高温毛玉ボールに固められているのです。今年もうすでに2回熱中症になりかけ寝起きに経口補水液を飲むという状態ですが、わたしは元気です。

IMG_3851

そして今日も「この腹を守るためには僕は何だってするよ」と藤原竜也っぽく言いながら腹をほおずりするわたしなのでした・・・

ひまわりとカッパ~夏のサバ身編

ついに本格的な夏がやってきましたね~!暑さに異常に弱いわたくし!もうすでに二回!!熱中症にかかりかけました(野外で)皆さまもくれぐれもお気をつけください!そんな中こんな中、7月28日から開催される東京は浅草橋のギャラリーで開催される「ねこ休み展」から「夏らしい写真があれば送ってくださいね~☆」とのメールが入りワシ頑張ってみたんやで・・

IMG_3144

安易にひまわりを添えてみた・・・あっあれ?おかしいなひまわりを頭に乗せると何でも可愛くなるはずなのに・・・

IMG_3150

気を取り直してひまわりを2つ乗せてみたら可愛さも二倍にばーーーい・・・・あ、あれ?なにこの原住民感・・・「パワワワワワワ~」とか叫び出しそうな雰囲気は何なの・・・?何かがおかしい・・・

IMG_3220

・・・・一体全体どうなってやがる・・・・ひまわりを添えても可愛くならないだとおおおおおーーーッ!!!!!と叫んでいて唐突にココニャは気がついた。そうかひまわりが悪いんじゃない、猫の顔が微妙なんだ。寝起きだったから。「めんごめんご」とサバトラを撫でて速やかに撤収いたしました。焦っちゃだめだ焦っちゃ・・・ブツブツ・・・

IMG_3276

アアーーーッ10000%焦っちゃてるーーーッ!!!焦ってサバ身を安易に河童にしちゃってるゥーーーー!!!これはヒドイッ!!けど恐ろしいくらいに似合ってるッ!!!

IMG_3300

ヤダこの子、村の子供と一緒に相撲したりしそう・・・「きゅうりーーーきゅうりーーー」って鳴きそう・・・って手を叩いて大喜びしていたご主人だったがしばらくして大切なことに気がついた。まだ「夏らしい写真」を一枚も撮れていないことに・・・ハァ・・・

週刊むっさん~

思い出したようにはじまるこの「週刊シリーズ」・・今回はおなじみ黄色いニクいヤツ!!!むっさんです!

IMG_0980

実はここだけの話、むっさんはムッサニア王国の王様です。やんごとない身分です(真顔)

と言ってもうなずきたくなるくらいに、あふれる気品!王の風格!!実は平民の貧しい羊飼いの三男として生を受けたむっさんでしたが、ある日お城からの使者が現れこう言いました。

「おお、その頭の刻印こそ王の証!!!ムッサニームッサムッサ二ー!!ここに新しい王が誕生した!!」

とまあそんなこんなで王になりましたねハイ(真顔)

IMG_1315

お城では毎日のように舞踏会がとり行われ、ムッサニア王も正装で参加されます。

「ムッサニア王の名に置いて命じる。お嬢さん、一緒に踊ってくれまいか?」

とでも言うのでしょうか(真顔)

IMG_8827

そんなイケメン王ですが、余興も楽しまれます。この日は猫なのにパンダの被り物をしムッサニア国民を笑わせてくださいました。「・・・これ面白いのか?」と不安げな王に「だって猫なのにパンダなんですよ!!めっちゃウケるー!!!大丈夫です王!!面白いですッ!!」と必死に説得をした側近がいたとかいないとか・・

IMG_1865

そんなご立派なムッサニア王ですが、寝ている間は普通の茶トラ猫に戻ります。ゴロゴロと喉を鳴らしながらご主人に甘えるむっさん。王の風格はありませんがただただ可愛らしいのであります。

とまあ今回はムッニア王のサイドストーリーみたいな内容になりました。信じるか信じないかはあなた次第です(真顔)

そしてフォロワーさんから「ムッサニア王国」の国歌についてどういうものなのか教えて下さい!と質問がありましたのでご紹介しましょう。

【ムッサニア国歌 その1】

ムッサニームッサムッサニー ムッサニームッサムッサニー

ムッサニームッサムッサニー ムッサニームッサムッサニー

ムッサニームッサムッサニー ムッサニームッサムッサニー

1章2章3章これをひたすら繰り返します。

【ムッサニア国歌 その2】

ムッサ悲しいことは消えて ムッサムッサ楽しいことはじまる

大事なこのときめきを ムッサムッサ 刻みつけて

生きていこう ムッサムッサムッサムッサ

これは高野寛さんが歌う「夢の中で会えるでしょう」のメロディで歌っていただけます(真顔)

「NYAIBA(ニャイバー)-まとめ」~銀河鉄道の夜シリーズ

少し前にツイートした「銀河鉄道の夜」のワンシーンをモチーフにしたツイートがかなりリツイートされ「まとめサイト」等にまとめられているのを見て、自分でも自分のツイートをまとめておこう!と思いつきました。名付けて「NYAIBA(ニャイバー)-まとめ」!!

はじまりはこのツイートからでした・・・・

宮沢賢治の「新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)」の冒頭、ジョバンニが家に届かなかった牛乳を取りにお店を訪ね、心細げに言うセリフ。サバ身の物悲しい顔がジョバンニそのものに見えます。

ただこの台詞だけでは「銀河鉄道の夜」とは分からないんじゃなかろうか・・と思っていたんですよね~しかしながら!さすがは名作!ツイートしたすぐに「ジョバンニ?」との返信を頂きました。

「おお!知ってるヒトがいた!」とテンション上がったのですが、その後のリツイート数を見て、あらためて世代を超えて愛されている作品なのだなと感じ入りました。

「銀河鉄道の夜」の中でこの牛乳屋さんは最初と最後の2度登場します。最後ではジョバンニは牛乳をもらえるのですが、うちのサバンニは現れたドデカイ牛乳屋テン主(テンテン)に完全にびびり半泣きです・・・しかしながらうちのサバンニは「牛乳がなければかつぶしを食べればいいんじゃない?」なスタンスなので大丈夫です!

サバ身がジョバンニならば仲良しのトラ身はカンパネルラということになる・・?と考えたのですが、物語ではふたりは離れ離れになってしまうことを考慮し、トラ身には

「ラッコの上着が来るよ!!」

のザネリはどうかと・・・ザネリはジョバンニをからかう役どころですがカンパネルラとは仲良しだしどこか憎めないキャラだしね~ところでこの「ラッコの上着」、ツイートに対する返信でも沢山いただきました!

みんな「銀河鉄道の夜」大好きやなw 悪口なんだろうけど、響きが可愛くて「繰り返して言いたい日本語」の一つです(なんでやねん)

ツイートを見て「ますむらひろし」さんが登場人物を描いているアニメ版「銀河鉄道の夜」を久しぶりに観ました!との嬉しい返信もいただきました。


小学生の頃、友人の家にビデオがあって何度も観せてもらいに行ったっけ・・・(遠い目)今回このツイートをきっかけにして分かったことは、アニメ版の「銀河鉄道の夜」は若い方から目上の方まで幅広くみんな知っているということでした。不朽の名作とはこのような作品のことをいうのでしょう。


そしてなんとなんと!!そのますむらひろしさんにも引用していただいたーー!!!「合う」なのか「アウ」なのかーーw こういうつながるはずもないところにつながっていけるところがTwitterの良いところだなって思います。

と・・まあ自分でまとめるとこんな感じです。アニメ版も素晴らしいですが宮沢賢治の原作もページを開くとすぐに「ここではないどこか」へ旅をすることが出来る名作です。短編で読みやすいので読書感想文の本としてもオススメの一冊です。

(返信等を掲載させていただいておりますが、もし不都合がありましたらご連絡くださいすぐに対応いたします)